PC周辺機器

快適すぎて手放せない!トラックボールマウス「logicool製のワイヤレストラックボール M570t」を使ってみた(使用レビュー)

更新日:

今回トラックボール式のマウスとして、最強との呼び声が高い「logicool製のワイヤレストラックボール M570t」を購入してみました。実際使ってみたところ、すごく快適でこれはオススメ!と感じたので、トラックボールマウスの使い勝手を紹介してみたいと思います。

トラックボールマウスは今まで気になっていたけどなかなか手が出なかった


logicool製のワイヤレストラックボール M570t

ボールが付いていて、ちょっと変なマウス。そんなトラックボールマウスが気になっていたけど、なかなか手が伸びずここ数年はずっと、もやもやしていました。

しかしながら最近パソコンを触る機会が増えて、マウスを持つ右手首が辛くなることが増えてきました。考えてみると、原因はやっぱり、狭いスペースでマウスをちょこちょこ動かすこと。マウスの移動ってどうしても手首に負担をがかかるんですよね。

そこで今回思い切って、トラックボールマウスを購入することにしてみました。

logicool製のトラックボールマウス「M570t」はやはり最強

今回購入したトラックボールマウスは、コスパ最強、使い心地最強の不動のNo.1として君臨するlogicool製の「ワイヤレストラックボール M570t」です。

トラックボールマウス自体あまり知られていないため、ご存じない方も多いとは思いますが、定番商品としてトラックボールマウスを愛する人々にとっては定番となっている商品です。

アマゾンの評価では900件を超えるレビュー数があり、更に☆4の高評価を叩きだしています!

トラックボールマウスはマイナーだと思っていたのに、こんなにもレビューがあることにも驚きを隠せません!(笑)

このトラックボールマウス「M570t」のメリットとデメリットを簡単にあげてみると

メリット

  • どこに置いても操作性が変わらない(マウスを動かさないので)
  • マウスのスペースを気にせず快適に操作できる
  • 右クリック、左クリック、ホイール動作が普通のマウスと同じ操作間でできる
  • 手首が疲れない(親指だけでボールをぐるぐる動かすだけ)

どうでしょうか、今までトラックボールマウスに関心がなかった人も気になってきませんか?

トラックボールマウスM570tの外観レビュー

それでは、みなさんもトラックボールマウスが気になってきたところだと思いますので、外観のレビューして見たいと思います。

パッケージは非常にシンプルです。あまり高級感のある包装では無いですね。店頭価格で4700円と通常の無線マウスに比べると少し割高ですが、トラックボールマウス全体でいうと決して高い部類では無いです。値段的にも試しに買ってみようと思える値段です。

付属品はトラックボールマウス本体、内蔵の乾電池とマウスから送信された操作を無線で受信するレシーバーの3つのみです。また、このマウスは、比較的大きいのが特徴です。

通常使っているマウスパッドの上に置いてみました。

マウスパッド全体にすっぽり収まるサイズです。通常のマウスを動かす場合には、大きすぎると操作しにくいですが、トラックボールマウスはマウスの位置を動かさず使うので、逆にある程度大きい方が逆に手をマウスに置きやすく使いやすいです。

スポンサーリンク

今まで使っていたマウスだとこんな感じ。マウスパッドにちょこんと乗っている感じですね。

よく見ると分かるのですが、このマウスパッドは下の方に折れ目が付いています。これは、マウスを動かす時にマウスパッドが動き机からはみ出し、それによってはみ出したマウスパッドが手首に巻き込まれて折れ曲がってしまったのが原因です(笑)。

広いスペースでマウス操作している場合には問題ないのですが、狭いスペースで操作している時には、マウスパッドが動くとこのような事が起こりますよね。

マウスのボタン配置については、通常のマウスと同じタイプになっています。右クリック、左クリックに中央のホイールの位置は変わらないので、ボタン操作に迷うことはないですね。

それに追加して、左クリックボタンの横に小さな二つのボタンが付いています。このボタンは、logicoolのソフトを使うことで機能を割り振ることができます。

トラックボールは親指側に付いていて、親指でコロコロ転がしマウスの移動操作ができるようになっています。トラックボールの感度もソフトで調整できるので、始めのうちは感度を低く設定しておくと操作に慣れやすい感じでした。

トラックボールはくるくる回すので、ゴミが溜まりやすいようです。定期的にボールのお掃除をしたほうが良さそうです。マウスの下の穴から細い棒のようなもので押すとボールが簡単に取れました。

2週間程度実際使ってみての感想

実際に使ってみて2週間程度経ちました。やっぱり独特なマウスなので使えたらラッキーぐらいに思っていたのですが良い方に予想を裏切られました(笑)。

結果としては、トラックボールマウスの使い勝手は非常に良く、手首の痛みも軽減しました。

使ってみて良かったところは以下の点です。

  • トラックボールが付いてる以外は普通のマウスの形なので違和感無く使えた
  • ソファーの上でリラックスした状態でもマウス操作が楽々できる
  • 手首の疲れや痛みがなくなった

マウスを持つ手首の痛みが無くなったことは非常に嬉しいことですが、個人的に一番嬉しかったのはソファーでマウスが使えるようになったことですね(笑)。

どうしても、パソコンで作業をする気分にならない時はソファーに持たれつつ作業をすることが多いですが、その時にノートPCのスライドパッドを使って作業をするのは疲れます。

どんな場所でも変わらないマウス操作ができること、これがトラックボールマウスの一番の醍醐味かもしれません。

逆に苦労とまではいかないですが、トラックボールの操作は数時間程度は慣れるまでに時間がかかりまし、無意識のうちにマウスを動かしてカーソル移動をしようとしてしまうことも始めはありました。

この辺りは、通常のマウスに慣れている人は少し苦労するのかもしれませんが、それを乗り越えれば誰でも使えるものだと感じました。

まとめ

今回は最強との呼び声が高い「logicool製のワイヤレストラックボール M570t」をレビューしました。

始めは少し違和感があったものの、二週間も経つと快適すぎて、普通のマウスに戻れない体になってしまいました。使い勝手に特に問題を感じませんでしたし、特に手首の負担が軽減しました。

狭いスペースでマウスを頑張って操作している人や、マウスの置けるようなキチンとした机のある場所以外でもマウスを操作したい人には特にお勧めに感じました。

今回のレビューで興味が出てきた方が居ましたら、是非お試しください!

PC広告用

スポンサーリンク




PC広告用

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なるり

はじめまして、なるりです。 主に家電、観光、ゲームなど主観的に興味を持ったものをまとめて行きたいと思っています。 現在は、国内大手の某カメラメーカに勤務し、カメラの画質設計を行っている。 もともと家電、ITやゲームなどに興味があり、電気屋に行っては珍しい家電が無いか物色を良く行っている。

-PC周辺機器
-, ,

Copyright© 探求心.COM , 2017 All Rights Reserved.