VR

大人気のPlayStation VR。4月以降に生産数を増やす見通し。国内の供給状況の改善は?

更新日:


大人気のPlayStation VR。4月以降に生産数を増やす見通し。国内の供給状況の改善は?

なかなか「PLAYSTATION VR」を手に入れられない、なるり(@narurufootmouth)です。

amazonで販売されている値段も大分落ち着き始めた「PLAYSTATION VR」。それでも品薄の状況は発売開始時からずっと品薄状況は続いているようです。

直近では、3月25日に販売サイト、店舗で再版が始まりました。それでも販売当日朝には売切れ続出の大人気商品。実際、販売元のSONYもここまで反響になると思ってなかったようですね。

公式に4月以降のPlaystation VRの供給量増大に言及

このような状況のなか、ソニー・インタラクティブエンターテインメント(SIE)のCEOアンドリュー・ハウス氏がニューヨーク・タイムズの取材に対してPlaystation VRの生産について明らかにしました。

PlayStation VRの供給は4月には改善する見通しだ。そして、中南米への販売拡大も進めていく。

Mr. House said the supply of PlayStation VR headsets will improve by April. By fall, Sony expects to begin selling them in Latin America.

原文引用サイト

4月移行のPlaystation VRの生産台数を増やし、販売地拡大を狙っているというコメントが出ていました。

国内の品薄状況が続くなかのコメントだったので、生産数を増やす発表は、待ち望んでいた国内ユーザーにとっても期待感が出るニュースでした。

国内の販売状況についてファミ通が直撃!

ゲームクリエイターの技術交流を目的とした世界最大規模のセッション、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2017が2017年2月27日~3月3日(現地時間)で開催されました。

現地でソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏が、が、Playstation VRに関してファミ通のインタビューに回答しました。

今後、PS VRは買いやすくなるのか? セールスの現状と生産状況についてソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオの吉田修平氏を直撃!【GDC 2017】 - ファミ通.com

スポンサーリンク

遂にPlaystation VRの販売数が明らかに!

GDC 2017」では、Playstation VRの累計実売台数が91万5千台であることが公式にアナウンスされました。

今まで販売台数については未公表でしたので、2016年10月の発売から約4ヶ月で達成した販売台数ということになります。

国内人気や品薄状況から考えると100万台は越えてるのかなというような予想もありましたが、生産数が需要に対して間に合っていなかったという噂は真実だったようです。これまで販売数を公表していなかったのは、生産数の問題が大きかったのだと思います。

実際に吉田氏は、Playstation VRの生産計画に問題があったと言及しています。VRは2016年の年初から騒がれ始めていました。

しかし、おそらくPlaystation VRの開発は、それ以前から行われていて、その当時はここまでの人気なプラットホームになるとは想定されていなかったように思えます。

Playstation VRは4月以降すぐに手に入れられるようになる?!

それではニューヨーク・タイムズでのコメント通り4月からは誰もがPlaystation VRを手に入れれるような状態になるのでしょうか?

その答えはどうやらノーのようです。

吉田氏のコメントによると、4月から一気に生産数が増大するわけではないそうです。

実際のところは、4月からPlaystation VRを増産するわけではないそうです。PS VRの発売以降、生産数は徐々に増やしてきていて、4月までには今よりもさらに改善する見通しのようです。

どうやら、4月になったらどこでも買える状況になる、ということではないと言うことらしいです。

まとめ

以上色々と情報を整理して見ましたが、国内でPlaystation VRを気軽に入手できる状況になるのは、まだしばらく後になりそうですね。

しばらくは、ソニーの公式サイトの「再販のお知らせ」をチェックしながら販売日に買いにいくという選択肢が必要かと思います。

ソフトの方が、だんだんラインナップも増えてきたのでデバイスの供給が追い付かないとVRゲームの普及にも影響を与えていきそうです。

早く誰もが気軽にVRの可能性を実感できる環境が整い、ゲームの可能性がますます広がっていくことを期待しています。

PC広告用

スポンサーリンク




PC広告用

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なるり

はじめまして、なるりです。 主に家電、観光、ゲームなど主観的に興味を持ったものをまとめて行きたいと思っています。 現在は、国内大手の某カメラメーカに勤務し、カメラの画質設計を行っている。 もともと家電、ITやゲームなどに興味があり、電気屋に行っては珍しい家電が無いか物色を良く行っている。

-VR
-,

Copyright© 探求心.COM , 2017 All Rights Reserved.