MT4関連

MT4を検討される方に向けて導入方法と設定について

投稿日:

今回は、為替取引(通称FX)でよく使われているチャート解析用のツール「Meta Trader 4(MT4)」の導入方法を説明したいと思います。

経緯

現在、私は鳥居万友美さんのFXメンバーシップに入っていてFXの勉強を楽しくさせて頂いています。

最近、メンバーシップで知り合ったメンバーさんたちとFXについて色々お話をする機会がありました。

多くのメンバーさんは普段為替相場の分析をするときに、お手軽に使えるので各証券会社が用意しているチャートを使う方が多いようです。

私は、登録している証券会社の専用チャートツールと、「Meta Trader」を併用して使っているのですが、最近「Meta Trader(以下MT4)」の話が話題になりました。

その際にMT4に興味を持って頂けたメンバーさんがいたのですが、なかなか設定が大変そうだという話をお聞きしました。そこで、今回MT4の導入方法を説明することにしました。

MT4がどういうものかというのは別途違う機会として、今回はこれだけ設定すれば、とりあえず使えるよという導入と、見やすくするための設定までを説明したいと思います。

 

デモ口座をMT4に登録する

MT4は、基本的にフリーのソフトウェアです。

MT4を使ってFXの取引をしたいというユーザーも世界中で非常に多く、MT4を標準使用できる証券会社もあります。

ただし、全ての証券会社がMT4に対応しているわけではないので、ここでは、MT4の公式サイトからの導入を紹介します。

導入1.MT4の公式サイトからインストールする

まず、MT4の公式サイトからダウンロードします。(https://www.metatrader4.com/ja/download

実は、Meta Traderは、バージョン4(MT4)だけではなく、バージョン5(MT5)もあるのですが、ソフトの安定性・流用できる様々な資産からMT4を使われるユーザーが非常に多いです。今回もMT4のインストールを行います。

MT4ダウンロード画面MT4公式サイトより引用:https://www.metatrader4.com/ja/download

あとは、ダウンロードしたファイルをクリックして実行すると、MT4のインストールが始まります。

インストール途中に選択する項目は以下になります。

  • 言語の選択
  • ライセンス条約文の同意
  • インストールフォルダの指定
  • プログラムグループの選択

この中で、言語の選択は、「日本語」を選択。

ライセンス条約文は「同意」を選択。

それ以外は、そのまま「次へ」を選択すれば問題なくインストールできます。

インストールが終われば、MT4のソフトが起動すると思いますが、起動しなかった場合にはソフトのショートカットなどをクリックしてMT4のソフトを起動してください。

導入2.デモ口座の選択

続いてデモ口座の申請を行います。

MT4自体は、チャートを表示するだけのソフトウェアなので、そのままでは「為替データ」が含まれておりません。

「為替データ」はMT4に対応している証券会社から提供してもらう必要があります。

チャートを見るだけであれば、デモ口座を開設するのが楽です。

ということで、デモ口座を開設します。

まず、左上の「ファイル」から「デモ口座の申請」を選択します。

デモ口座

すると、次にデモ口座を申請する取引サーバーが沢山出てきます。

スポンサーリンク

右側のPingというところは、回線の速度を表しています。

上の二つのサーバーは、数字が表示されていないので接続できないことを示しています。

ここでは、できるだけ速度が速い(数字が大きい)サーバーを選択する方がデータの更新が早くて快適と言えます。

あと、もう一つ注意点があります。

デモ口座を開設するサーバによって取り扱っている通貨の種類が少ないところがあるので、自分が取引を行いたい通貨を扱っているサーバーを選択することも重要です。

取引サーバー

自分の選びたいサーバーが特にない場合は、扱っている通貨も多く回線も安定している「FxPro.com」がおすすめです。

取引サーバーに表示されていない場合には、サーバーのアドレスを入力する必要があります。

FxPro.comのサーバーのアドレスは以下になります。

54.173.31.219:443

デモ口座の申請の画面で一番下までバーをスクロールすると、「新しいブローカを追加します」という欄がありますので、ここにアドレスを入力すると、自動的にFxPro.comのデモ口座用のサーバーを検索してくれます。

 

取引サーバー追加

導入3.デモ口座の申請

その後、速度の速いFxPro.comのサーバーを選択して「次へ」を押すと、ブラウザが起動し、デモ口座登録用のページに飛びます。

デモ口座の登録のために必要な項目は、下の写真で、赤枠で表示されている項目になります。

デモ口座開設FxProデMT4にサーバーからのデータを設定する際のパスワードが届くので、Eメールとパスワードはしっかり控えておいてください。

プラットフォームをMT4に設定し、レバレッジ、Initial Balanceを選択します。

レバレッジ、Initial Balanceはデモ口座としてデモ取引を行う時の取引通貨量などの設定になります。MT4はチャートを見るために使う場合には特に影響はありませんので好きなのを選択して結構です。

登録すれば、記入したEメールアドレスにデモ口座用のIDとパスワードが送られてきます。

導入4.MT4にデモ口座を登録する

それでは、最後にMT4のソフトにデモ口座の登録を行います。

デモ口座の登録は簡単です。

MT4を立ち上げて左上の「ファイル」から、「取引口座にログイン」を選択します。

選択するとログイン情報を入力するウィンドウが立ち上がるので、先ほど登録したデモ口座のIDとパスワードが登録したEメールアドレス宛に届いているので、その内容を入力します。

ログイン情報

デモ口座の登録はこれで完了!

以上で、デモ口座の登録は完了です。これで、MT4でチャートを表示することができる設定が完了しました。

次は、MT4にチャートを表示する設定方法や、表示設定などを記載したいと思います。

次のページへ >

PC広告用

スポンサーリンク




PC広告用

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なるり

はじめまして、なるりです。 主に家電、観光、ゲームなど主観的に興味を持ったものをまとめて行きたいと思っています。 現在は、国内大手の某カメラメーカに勤務し、カメラの画質設計を行っている。 もともと家電、ITやゲームなどに興味があり、電気屋に行っては珍しい家電が無いか物色を良く行っている。

-MT4関連

Copyright© 探求心.COM , 2018 All Rights Reserved.