イベント カメラ

今年も豊作!CP+2016〜(Part 1: Casioカシオ編)

更新日:

CP+2016に行って来ました!

こんにちは、なるりです。
今年もCP+が開催されました。多くの報道陣や一般来場客などが参加を行い、非常に大盛況なイベントでした。

展示ブースでは、どこの企業も企業独自の特色を出した展示を行っており、とても見どころが多い展示会となっておりました!
それでは、私が回ったブースを中心にレポートしたいと思います。

 

CP+について

カメラ・写真映像分野になじみが無い方は、あまりご存知はないかもしれませんが、CP+(シーピープラス、英:Camera & Photo Imaging Show)は、カメラおよび関連機器のコンシューマー向けの展示会です。

2010年から毎年1回の開催をカメラ映像機器工業会主催で行われています。要は、日本のカメラ関連の祭典という感じでしょうか(笑)。報道陣だけでなく、一般の方も参加することができる催しです。そのため、カメラが好きな人であれば誰でも楽しめるイベントになっています。事前登録すれば、参加費も無料で入場することができます(当日有料)。

2016年の今年は2月25日 ~2月28日の4日の間、神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜とその周辺会場で開催されていました。なんと本開催期間4日間の合計来場者数は、67,792人だそうです。この人数だけ見てもすごく注目されているイベントということが分かります。

CP+は4つのコンセプトを掲げて、
カメラ・写真映像分野における
技術・文化・産業のあらゆる進化を目指します。

CONCEPTCP+公式サイトより

これから発売されるカメラの先端技術の紹介や、各社最新機種を触れるコーナーを設置していてこれから、各社のカメラの進む方向性がわかったり、カメラの最新情報に触れることができる良い機会です。

それでは、CP+2016について説明をしていきたいと思います。

 

 

参加当日は、晴天のイベント参加する絶好の日!

 

さて、参加当日は晴天でイベントに参加する絶好の日でした。(室内の展示なので、影響はありませんが気分的な意味で(笑))

DSC02350

DSC02324

DSC02323

DSC02351_2

パシフィコ横浜の入り口には、CP+の案内の看板とスタッフの方がいました。私は、仕事の都合でお昼からの入場でしたので、会場から出てくる参加者や、会場に向かう参加者が沢山見かけられました。

 

DSC02353_2

入り口で、入場受付を済ませて、いざ会場へ!

 

 CASIO(カシオ)は、ウェアラブルカメラ・スマフォ連携を強化

カシオではAndroid Wear搭載のスマートウォッチ、「Smart Outdoor Watch WSD-F10」や、スマフォ連携機能のデジタルカメラのZR3100の展示に力を入れていました。

 

 

初公開!スマートウォッチWSD-F10とウェアラブルカメラFR100との連携

まず、スマートウォッチのWSD-F10ですが、カシオはこれまでスマフォの着信を時計で分かるようなスマフォ連携携帯を発売しておりましたが、今回はついにAndroid Wearを搭載した時計を発表していました!Android Wearを搭載したことで、スマフォと連携して様々なアプリを活用できるようにもなり、より一層時計の機能が便利に活用できるようになりますね。
このスマートウォッチWSD-F10の詳しいレビューは、以下のデジカメプラスさんの記事が非常に参考になりますので、参考にしてください。

カシオのスマートウォッチ、「WSD-F10」がCP+ 2016で国内初の一般公開

さらに、このWSD-F10はなんと、FR100とも連携してFR100で撮影している様子を時計を通して確認や、撮影を行うことも可能だそうです!詳細は、興味がある方は以下の公式サイトへのリンクを参考にしてください。

スポンサーリンク

さあ、遊びまくれ。劇的な進化を遂げた、FRシリーズモデル。

特徴は、撮影するレンズ部と撮影するコントローラ部が分離する構成となったアクティブに撮影することを目的として発表されたカメラです。アウトドアや、スポーツをする時に持っていきたいカメラですね。

DSC02358_1アウトドア用カメラFR100とスマートウォッチWSD-F10で、冒険に飛び出そう!

会場では、アウトドアファッションに身を包んだモデルさんがスマートウッチのWSD-F10を身につけ、FR100との連携をスタイリッシュに見せていました。まさに、カメラを意識せず身につけるという感覚でしょうか。

DSC02361_1女性がスポーティに身につけると、おしゃれですね。(WSD-F10を腕にはめ、FR100を右手にいもっている)

DSC02359_1FR100のデモ映像も流されていて、非常にダイナミックで衝撃を受けました

今までは、カメラを構えて撮影するスタイルが一般的なカメラ撮影のイメージでしたが、カシオの展示を見ると、様々な撮影スタイルがあるってことに刺激を受けました。今後は、こういうアクティプな撮影方法も世間に広まっていきそうですね!

 

 

正統派!スマフォ連携機能搭載のデジタルコンパクトカメラZR3100

今年2016年3月17日発売のデジタルコンパクトカメラZR3100を試せるスペースも用意されていました!待ちに待った人も沢山いるのではないでしょうか。1/1.7型の大型センサーを搭載し、自撮り機能やスマートフォン連携機能を強化されたモデルです。

各社Wifiを使ってスマフォに接続する機能を持つ機種は発売されていますが、ZR3100では、Wifiの他に、Bluetooth機能や二次元バーコードを使ってスマフォにZR3100で撮影した画像を転送することもできます。特に二次元バーコードが使えると、自分のスマフォだけではなく友達など複数の人とも画像を共有することも簡単にできます。こういった、ユーザー目線の機能に強いのはカシオの一つの特色だと思います。

また、スマフォとの連携機能に関してもバージョンアップがされており、さらに使い勝手が良くなりました。

[エクシリム オートトランスファー] スマートフォンとの常時接続で画像を自動送信

今まで使ったことなかった人はご存じないかと思いますが、カメラからスマフォに画像を転送する場合、一般的なカメラに搭載されているWifi連携機能では画像を送信終わるとスマフォとの連携が切断されます。そのため、再度画像をスマフォに送信する場合には再度カメラと接続をする手間が発生します。

ZR3100ではこの機能が改善され、常時スマフォとカメラを接続状態のままにしておくことで随時画像を自動転送することができ、再度接続設定を行う手間を省くことができます。こういった機能は、地味かもしれませんが、ユーザーの声がきちんと届いて対応したことだと思います。

DSC02354_2

DSC02355_1[エクシリム オートトランスファー] スマートフォンとの常時接続で画像を自動送信のデモをできるスペースを用意

もちろんカメラを構えた時に起こる5軸の手ブレも高度に補正してくれたり、より高画質に撮影することも可能なっています。今までの正統な画質向上の機能アップもさることながら、ユーザーの利便性も考慮されたとても使い勝手が良いカメラになっていると実感できました。

もうすぐ市場に出回るのがとても楽しみな一台ですね!

 

まとめ

いかがだったでしょうか、CP+の雰囲気とカシオのブースについて簡単にレビューを行いました。まだまだ他のブースも回ったのですが、記事が長くなったので何回かに分けてレビューを記載していきたいと思います。

 

PC広告用

スポンサーリンク




PC広告用

スポンサーリンク




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なるり

はじめまして、なるりです。 主に家電、観光、ゲームなど主観的に興味を持ったものをまとめて行きたいと思っています。 現在は、国内大手の某カメラメーカに勤務し、カメラの画質設計を行っている。 もともと家電、ITやゲームなどに興味があり、電気屋に行っては珍しい家電が無いか物色を良く行っている。

-イベント, カメラ
-, , , , , ,

Copyright© 探求心.COM , 2017 All Rights Reserved.