バッグ

手軽にリュック一つでお出かけするのに最適なAer Duffel Pack 2のバックパックが便利過ぎる!

更新日:

こんばんは、なるり(@narurufootmouth)です。

今回は、1日、2日程度の旅行や仕事帰りのジムなどスポーツにも手軽にリュック一つでお出かけするのに最適なAer Duffel Pack 2を紹介します。

少し多めの荷物を持って出かけたいとき、小さめのキャリーケースを持って出かけることもできますが、やっぱり手軽にお出かけしたいというニーズがあります。

手でゴロゴロとキャリーケースを引いて運ぶのは出かけるのが億劫になってしまいますよね。

今日はそんな悩みを解決しないそんなお勧めの一品です!

そもそもバックパックとは?

バックパックとは、基本的にはリュックサックと同じものです。

背中で担ぐことができる荷物袋のことです。リュックサックと言った方が馴染み深い人も多いと思いますね。

これらの利点は、両手をふさがず荷物を運べるということが最大のメリットですね。

ノマドワーカーなど、カフェやファミレスなどで仕事をする人は、ノートパソコンやタブレットなど大きめの荷物を持ち運びすることが多いのでバックパックで移動する姿を見かけることがあります。

一般のビジネスマンでも、最近は会社帰りにジムに通ったり、スポーツをしたりする人も増えてきて仕事道具や着替えなどかさばる荷物を持ち運びするために愛用している人も見かけますね。都心では、スーツ姿にパックパック姿で電車に乗り込んでいる方もよく見かけます。

快適性・機能性に優れたAer Duffel Pack 2

それでは、今回紹介するAer Duffel Pack 2の紹介をしていきます。

私が今回購入したのは、色違いのグレーです。人気はブラックやネイビーが多いみたいですね。

外見としては、やや縦長でパッと見はスリムに見える形状です。

スマートなデザインで、一般的なリュックに比べてお洒落。

 

このバックのコンセプトは、

ジムとオフィスの必需品を一つのバッグに

です。

実際の容量は、24Lで収納するには十分なスペースがあります。

重さも900g程度で、比較的軽い上に丈夫なナイロン製で、日常のタフな使用にも耐えることができます。

 

特徴としては、垂直のジッパータイプなので詰めて荷物を入れても上からでも下からでもすぐに取り出せるというところ。

実際使ってみると分かるのですが、リュックの上から一番下に入れた荷物を取り出すのは非常に大変。

この、Aer Duffel Pack 2では、垂直のジッパーで開閉するのでどこからでも快適。

 

 

更に、底には靴を収納できるスペースが付いていて、メインの収納スペースと別れているのですぐに靴も取り出すことができます。

 

 

底にはホールが付いていて、熱や湿気を逃しやすい工夫もされています。

こういう細かな機能が魅力です。

 

 

サイドには、ジッパーで大きさを変更できる縦長のオープンポケットが付いています。

500ml~1l程度のペットボトルの飲み物なら簡単に入ります。

また、ゴムの輪っかもついているのでペットボトルの先端を掛けておけば、バッグを逆さにしても落ちることはありません。

折り畳み傘なども収納することも可能です。

 

 

背面には、メインとは別に更にスペースがあり、PCなど平べったい機材を入れることもできます。

メインの広いスペースとは別なので、紙の書類などを入れても折曲がることなく収納できます。

更に、内部にもポケットが付いているので、小物も同時に収納することが可能。

 

 

反対側のサイドのポケットには少し大きなものを入れることができます。

私は、ここに横長の財布を入れることが多いです。サイドのジッパーを開ければすぐに取り出せるので、支払のときなどすごく便利。

 

 

まだまだポケットは続きます(笑)。

上部にも小さなポケットが付いています。ここにも小物を入れることができますね。

ハンドタオルや、家のキーなど入れておくと便利かもしれません。

 

 

以上、ポケットも沢山あり、使用用途に適した機能性抜群なバッグです。

 

実際の収納の様子を紹介

それでは、最後に実際に収納の様子を紹介したいと思います。

私は最近バドミントンや、バスケットをしているのでスポーツ道具を入れてみたいと思います。

 

まず、バドミントンのラケットなのですが、残念ながらバッグの全長よりも少し長い状態でした。

PCを入れるスペースに入れると、やっぱり取っ手の部分がはみ出してしまいますね。

ただ、PCを入れるポケットは、折れ曲がりにくく硬い素材を使っているので持ち運びは取っ手が出ていてもそんなに不便しません。

実際ラケットは2本使うことが多いので、2本をトライしてみます。

PCスペースのジッパーは少し斜めまで開くようになっているので、斜めに傾けて入れることができます。

こうすると、高さが少し下がるのであまり違和感なく収納できますね。

 

次に、バスケットシューズを入れてみます。

比較的かさばるシューズですが、違和感なく収納ができました。

 

このように、持ち運びに苦労するようなかさばるモノも楽に収納できるところが、Aer Duffel Pack 2の魅力だと思います。

いまでは、ジムやスポーツをするときに大活躍しています。

もちろん、PCを入れてカフェやファミレスで仕事をしたりと重宝しています。

 

まとめ

今回は、1日、2日程度の旅行や仕事帰りのジムなどスポーツにも手軽にリュック一つでお出かけするのに最適なAer Duffel Pack 2を紹介しました。

Aerのブランドで出しているバックは、いずれも機能性やファッション性に優れたバッグが沢山あります。

機会があれば、別の製品も紹介したいと思います。










  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なるり

はじめまして、なるりです。 主に家電、観光、ゲームなど主観的に興味を持ったものをまとめて行きたいと思っています。 現在は、国内大手の某カメラメーカに勤務し、カメラの画質設計を行っている。 もともと家電、ITやゲームなどに興味があり、電気屋に行っては珍しい家電が無いか物色を良く行っている。

-バッグ
-, , , ,

Copyright© 探求心.COM , 2019 All Rights Reserved.